製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求 オリゴDNA合成DNAシーケンス ゲノム編集マニュアル申込
商品検索
研究用機器・試薬
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
アフィニティー精製
タンパク質定量
電気泳動
ウェスタンブロッティング
プロテオーム
タンパク質ラベリング
細胞・組織
細胞培養
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
クローニング
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
DNAシーケンス
オリゴDNA合成
フラグメント解析
遺伝子発現解析(マイクロアレイ等)
次世代シーケンシング解析
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
ウイルスベクター作製
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞関連受託サービス
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
動物の飼育・繁殖・管理
メタボローム解析
生体試料アッセイ
有機合成
非臨床試験受託
オンライン商談システム        
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. 抗体作製 >
  4. 抗体作製

タンパク質発現・精製からのポリクロ作製

タンパク質発現・精製からのポリクロ作製
タンパク質の発現・精製からポリクローナル抗体作製までを行います。

商品説明

本サービスは、タンパク質の発現・精製を行い抗原タンパク質をご用意するところから最終的なポリクローナル抗体作製までを一括してお受けするサービスです。

発現ベクター構築から実施を致します。抗原タンパク質のDNAをお持ちで無い場合には、別途費用にて人工遺伝子合成によりDNAをご用意します。
大腸菌を宿主として、目的タンパク質の発現および Ni カラム精製を行い抗原タンパク質を調製します。

ウサギ(2羽)に免疫して、ポリクローナル抗体を作製します。
免疫動物として、ラット、マウス、モルモット での対応も可能です。

免疫回数5回、試採血1回、ELISA1回 を行い、試採血および ELISA 結果をご報告します。
ご確認を頂いた後に、全採血を行い、納品をします。

ご要望に応じて、別途の費用にて、プロテインA精製 や アフィニティー精製 の対応も可能です。


本サービスは、下記の2社との業務提携および協力により提供を致します。
 ●タンパク質発現・精製:株式会社プロテイン・エクスプレス
 ●抗体作製      :バイオゲート株式会社

本サービスの特徴

・面倒なタンパク質抗原のご用意から一括してお受けします。
・国内の施設にて対応を致します。
・細かなご要望にもフレキシブルに対応をします。

本サービスの流れ




仕様と価格

項目:タンパク質発現・精製からのポリクロ作製

価格(税別):\455,000 (税別)

納期:
 タンパク質発現・精製  : 1.0 ヶ月 程度
 ポリクローナル抗体作製 : 2.5 ヶ月 程度

  ※ 納期は、状況により変動します。


内容:
 タンパク質発現・精製 :発現ベクター構築
        タンパク質発現・Ni カラム精製
        SDS-PAGE, ウエスタンブロットによる結果の納品

 ポリクローナル抗体作製:
        ウサギ2羽、免疫回数5回、試採血1回、ELISA1回、全採血
        ※ 北山ラベス株式会社製クリーンウサギを使用。

 【免疫および試採血スケジュール】
   Day 0 免疫前試採血及び第一回免疫
   Day14 第二回免疫
   Day28 第三回免疫
   Day42 第四回免疫
   Day49 試採血及びELISA測定
   Day56 第五回免疫・血清及びELISAデータ出荷
   Day70 全採血


オプション
 人工遺伝子合成:目的タンパク質のDNAをご用意します。
 追加免疫
 プロテインA精製
 アフィニティー精製

注意点

作業を中止する場合の費用について

タンパク質発現・Niカラム精製において作業を中断する場合には、\200,000(税別)をご請求させて頂きます。
【上記の本サービスの流れ ※ 1】

ポリクローナル抗体作製を行い ELISA 測定(1,000倍希釈)にて、免疫前血清と免疫後血清の抗体価に差が見られない場合には、\398,000(税別)のご請求とさせて頂きます。
【上記の本サービスの流れ ※ 2】

抗原タンパク質について

・不溶性発現の場合は、変性剤(ウレア)を添加して抗原タンパク質を調製します。
・純度が低い場合は、電気泳動後を行い抗原タンパク質のバンドを切り出して抗原を調製します。

抗体の品質について

作製した抗体が、ウェスタンブロット、免疫沈降、免疫組織染色などの実験に使用できない場合でも、返品などの対応はできませんので予めご了承ください。

ご依頼に必要な情報について

・抗体の使用目的
 ウェスタンブロット、免疫組織染色、免疫沈降、その他

・抗原タンパク質名
・抗原タンパク質のアクセッションNo. or アミノ酸配列、性状(膜貫通等)、活性など
・抗原タンパク質のDNAの有無

・免疫動物は、ウサギ(2羽)で宜しいでしょうか。
・抗体精製の要・不要
 プロテインA精製、プロテインG精製、アフィニティー精製



ページトップへ