製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求 オリゴDNA合成DNAシーケンス ゲノム編集マニュアル申込
商品検索
研究用機器・試薬
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
アフィニティー精製
タンパク質定量
電気泳動
ウェスタンブロッティング
プロテオーム
タンパク質ラベリング
細胞・組織
細胞培養
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
クローニング
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
DNAシーケンス
オリゴDNA合成
フラグメント解析
遺伝子発現解析(マイクロアレイ等)
次世代シーケンシング解析
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
ウイルスベクター作製
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞関連受託サービス
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
動物の飼育・繁殖・管理
メタボローム解析
生体試料アッセイ
有機合成
非臨床試験受託
オンライン商談システム        
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. 細胞関連受託サービス >
  4. iPS細胞

iPS細胞の受託作製

iPS細胞の受託作製
提供された細胞から iPS細胞を作製します。

商品説明

提供された細胞から iPS細胞を作製します。

本サービスでは、ディナベック社の CytoTune®-iPS 2.0 を用いております。
CytoTune®-iPS 2.0 は、山中4遺伝子(OCT3/4、SOX2、KLF4、cMYC)がセンダイウイルスベクター(SeVベクター)に組み込まれております。

センダイウイルスは、RNAウイルスでDNA相が無く核に入らず細胞質内で転写・翻訳が行われるため、染色体に傷をつけることがありませんので、発癌等のリスクを抑えた安全なiPS細胞の作製が可能です。

また、センダイウイルスベクターは、哺乳類から鳥類まで幅広い動物種への感染が可能であり、高い効率でのiPS細胞の作製が可能です。

さらには、作製した iPS細胞を継代することでベクターを消失させることが可能であり、ウイルスベクターの陰性を確認した細胞を納品します(カルタヘナ法の規制対象外になります)。

本サービスは、iPSアカデミアジャパン株式会社とライセンス契約を結んだ 株式会社ケー・エー・シーにて実施を致します。

こんな人にオススメ

●染色体への影響が無い iPS細胞を作製したい
●作製に用いたウイルスベクターを持たない iPS細胞が欲しい
.
.


本サービスの特徴

・ディナベック社の CytoTune®-iPS 2.0 を用いてiPS細胞を作製します。
・アルカリフォスファターゼ試験、ウイルスベクター試験等の品質確認試験を行い納品します。

仕様

iPS細胞作製の流れ

●細胞の受入、培養
凍結状態の細胞をご提供ください。培養状態でも受け取りは可能です。受領した細胞を起眠します。

●遺伝子導入
ディナベック社の CytoTune®-iPS 2.0 で山中4遺伝子(OCT3/4、SOX2、KLF4、cMYC)を導入します。

●フィーダー細胞上に播種
iPS細胞の接着や未分化な状態を維持するために、フィーダー細胞(MEF細胞、SNL細胞)上に播種します。

●コロニー継代
1ディッシュまたは1ウェル中に複数あるコロニーをピックアップし、1ウェルあたり1コロニーとなるように播種します。
継代を繰り返すことで、ウイルスベクターが消失します。

●品質確認試験
作製した iPS細胞の品質を確認するため、品質管理試験を実施します。

●凍結ストック作製、納品
5クローンの iPS細胞を作製し、各クローン当り2本(1~5 x105 cells/vial)を納品します。

品質確認試験について

アルカリフォスファターゼ染色

未分化状態で発現しているアルカリフォスファターゼを検出する試験です。
アルカリフォスファターゼが発現している細胞を赤く染めて検出します。
下記左図の写真では、コロニーのみが染色され、作製したiPS細胞が未分化状態であることを示しています。
右図の写真では、中央部分が分化しているため赤く染まっておりません。


ウイルスベクター残存確認試験

山中4遺伝子(OCT3/4、SOX2、KLF4、cMYC)の導入に利用したウイルスベクターが細胞に残っていないことを確認する試験です。
ウイルスベクターに対する抗体を用いて免疫染色を行います。
ウイルスベクターが存在している場合には、左図のように細胞の蛍光が検出されます。
※左図(ウイルスベクター除去前)、右図(ウイルスベクター除去後)


マイコプラズマ検査

マイコプラズマの有無を確認します。
マイコプラズマがコンタミネーションしている場合には、左図のように細胞核の周りにマイコプラズマ核(小さい粒状)が検出されます。


テラトーマ形成試験(オプション)

マウス(NOD/SCID マウス)の精巣被膜下に iPS細胞を移植し、テラトーマ(奇形腫)が形成されることを確認する試験です。実施には、4ヵ月程度が必要です。
未分化の細胞を移植すると、テラトーマを形成し、下図の三胚葉が確認できます。
本試験は、別途のオプション試験となります。


未分化マーカー試験(オプション)

未分化状態の iPS細胞で発現しているタンパク質(SSEA-4, TRA-1-60, TRA-1-81)を検出します。
各未分化マーカーが発現している細胞では、下図のような染色が検出されます。
本試験は、別途のオプション試験となります。


依頼に必要な情報

ご提供細胞について事前にご連絡・ご相談をお願いします。
現時点では、ヒト、マウスのみ対応が可能です。その他の動物種については、ご相談ください。

※線維芽細胞(fibroblast)、T細胞、角化細胞(keratinocyte)、末梢血単核細胞(PBMC) から iPS細胞を作製した実績があります。
※細胞をご用意することも可能ですので、ご相談ください。

※HIV, HBV, HCV および マイコプラズマが陰性である必要があります。マイコプラズマに関しては、こちらで検査することも可能ですので、その場合は検査用の細胞バイアルをご用意ください。

納期

3~4ヶ月程度

ご確認ください

本サービスで作製した iPS細胞の使用は研究用に限定されております。
下記の項目への使用を希望される場合には、別途、iPSアカデミアジャパン株式会社と個別のライセンス契約が必要です。
詳しくは、お問い合わせ下さい。

 ・商業利用
 ・診断・治療目的でのヒト又は動物への投与・使用
 ・臨床試験

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • iPS細胞の受託作製

    900,000円

ページトップへ