製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求 オリゴDNA合成DNAシーケンス ゲノム編集マニュアル申込
商品検索
研究用機器・試薬
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
アフィニティー精製
タンパク質定量
電気泳動
ウェスタンブロッティング
プロテオーム
タンパク質ラベリング
細胞・組織
細胞培養
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
クローニング
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
DNAシーケンス
オリゴDNA合成
フラグメント解析
遺伝子発現解析(マイクロアレイ等)
次世代シーケンシング解析
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
ウイルスベクター作製
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞関連受託サービス
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
動物の飼育・繁殖・管理
メタボローム解析
生体試料アッセイ
有機合成
非臨床試験受託
オンライン商談システム        
 
  1. HOME >
  2. 受託サービス >
  3. 組換えタンパク質の発現精製 >
  4. 組換えタンパク質の発現精製

ピンポイント標識タンパク質産生

ピンポイント標識タンパク質産生
非天然アミノ酸がピンポイントで目的部位に導入されてタンパク質を産生します

商品説明

終止コドンであるUAGコドン(アンバーコドン)もしくはCGGGコドン(4塩基コドン)を用いて、非天然アミノ酸をタンパク質の特異的な部位に導入するサービスです。
導入部位の指定は終止コドンであるUAGコドン(アンバーコドン)もしくはCGGGコドン(4塩基コドン)で行います。
CloverDirect ™ tRNA Reagents for Site-Directed Protein Functionalizationに含まれる非天然アミノ酸-tRNAは、無細胞翻訳中でアンバーコドンもしくは4塩基コドンを読み取って、非天然アミノ酸に翻訳します。これにより、指定した部位に非天然アミノ酸の導入されたタンパク質が合成されます。
また、アンバーコドンと4塩基コドンを同時に使うことで、2種類の非天然アミノ酸をタンパク質に同時に導入することも可能ですので、FRET(蛍光共鳴エネルギー移動)を用いる実験などに利用できます。
本サービスは、株式会社プロテイン・エクスプレスとの提携によりご提供いたします。

CloverDirect™を用いた非天然アミノ酸導入の原理

アンバーコドン用tRNAを用いる場合

導入部位の指定は終止コドンの1つであるUAGコドン(アンバーコドン)で行います。
まず、UAGコドンを挿入または置換した遺伝子を構築します。 この遺伝子を、本製品の非天然アミノ酸-tRNAとともに無細胞翻訳系に加えると、tRNAがUAGコドンを読み取り、指定された位置に非天然アミノ酸が導入されます。この際、UAGコドンを終結因子が読み取った場合には、その時点でタンパク質合成が停止します。したがって、完全長タンパク質として合成されたものは、100%の効率で非天然アミノ酸が導入されていることになります。
なお、非天然アミノ酸の種類によっては、導入部位によりその導入効率が大きく異なるものがありますので、使用の際は、製品の詳細にてご確認下さい。

■ 非天然アミノ酸-tRNAamberによるタンパク質への導入


CGGGコドン用tRNAを用いる場合

導入部位の指定はCGGGコドン(4塩基コドン)で行います。
まず、CGGGコドンを挿入または置換した遺伝子を構築します。 この遺伝子を、本製品の非天然アミノ酸-tRNAとともに無細胞翻訳系に加えると、tRNAがCGGGコドンを読み取り、指定された位置に非天然アミノ酸が導入されます。この際、CGGコドンを認識するArg-tRNAが読み取った場合には、読み枠がずれて下流の終止コドンによりタンパク質合成が停止しますが、CGGコドンは使用頻度が低いコドン(マイナーコドン、レアコドン)のためにその可能性は低くなっています。
なお、非天然アミノ酸の種類によっては、導入部位によりその導入効率が大きく異なるものがありますので、使用の際は、製品の詳細にてご確認下さい。

■ 非天然アミノ酸-tRNAcccgによるタンパク質への導入


サービスの概要

大腸菌由来の無細胞発現系による合成

UAGコドンあるいはCGGGコドンを用いて、ご希望の非天然アミノ酸を目的の部位へピンポイントに導入したタンパク質を、E.coli 由来の無細胞発現系を用いて合成いたします。また、設立以来、組み換えタンパク質生産の専門技術を持つ会社として蓄積されたタンパク質発現に関わる知識とノウハウを活かして、遺伝子の合成からタンパク質の精製までトータルサポート致します。


昆虫培養細胞(Transdirect insect cell )による合成

UAGコドンあるいはCGGGコドンを用いて、ご希望の非天然アミノ酸を目的の部位へピンポイントに導入したタンパク質を、昆虫培養細胞(Transdirect insect cell )を用いて合成いたします。Transdirect insect cell は、バキュロウイルス発現系で多くの実績があるSf21昆虫培養細胞からの抽出液をベースとし、ウサギ網状赤血球由来の合成系が持つ動物由来の合成系という利点を生かしながら、合成量が少ないといった欠点や血液細胞からの抽出液のためグロビン等の爽雑タンパク質が非常に多いといった欠点を克服した無細胞タンパク質合成試薬です。


仕様と価格

■ サービスの流れ


■ 価格・納期
お問い合わせください。

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • ピンポイント標識タンパク質産生

    お問い合わせください

ページトップへ