製品・サービスに関するご相談・お問合わせ サンプル・デモ請求 オリゴDNA合成DNAシーケンス ゲノム編集マニュアル申込
商品検索
研究用機器・試薬
タンパク質
細胞溶解・タンパク質抽出
タンパク質サンプル調製
アフィニティー精製
タンパク質定量
電気泳動
ウェスタンブロッティング
プロテオーム
タンパク質ラベリング
細胞・組織
細胞培養
免疫組織染色・ISH
遺伝子
PCR
核酸精製
遺伝子導入
電気泳動
クローニング
ゲノム編集
タンパク質発現
その他
機器
消耗品

受託サービス
タンパク質
プロテオーム解析
抗体作製
ペプチド合成
組換えタンパク質の発現精製
タンパク質のX線結晶構造解析
糖鎖構造解析
遺伝子
DNAシーケンス
オリゴDNA合成
フラグメント解析
遺伝子発現解析(マイクロアレイ等)
次世代シーケンシング解析
ゲノム編集ツール
遺伝子改変生物作製
ウイルスベクター作製
植物バイオ受託
細胞・組織
細胞関連受託サービス
免疫組織染色・組織染色
in situ ハイブリダイゼーション
レーザーマイクロダイセクション
その他
動物の飼育・繁殖・管理
メタボローム解析
生体試料アッセイ
有機合成
非臨床試験受託
オンライン商談システム        
 
HOME > 受託サービス > 糖鎖構造解析 > 糖鎖構造解析
グライコブロッティング法を用いた網羅的な血清血漿のN型糖鎖解析
グライコブロッティング法を用いた網羅的な血清血漿のN型糖鎖解析
ヒト、マウスなどの血清/血漿中のN型糖鎖について、グライコブロッティング法を用いた解析を行います。

商品説明
グライコブロッティング法とは

化学選択的な糖鎖捕捉反応に基づいて、生体試料由来糖鎖の網羅的かつ定量的なプロファイル取得を大幅に高速化する技術です。
アミノオキシ基またはヒドラジド基を有するビーズで糖鎖だけを捕捉し、ビーズ上でメチル化、ラベル交換反応を行うことで、迅速な糖鎖解析を可能とします。
本サービスは、医化学創薬株式会社との業務提携により提供します。


参考文献:Angew. Chem. Int. Ed., 2005, 44, 91-96.
     Clin. Cancer Res. 2006, 12, 2506-2511
     Angew. Chem. Int. Ed., 2007, 46, 8808-8813
     Anal. Chem. 2008, 80,1094-1101.
     Mol. Cell. Proteomics. 2010, 9, 523-537.
     ChemBioChem 2013, 14, 73-82


こんな人にオスメ

  • 血清や血漿などに含まれる糖鎖を網羅的に調べ、疾患関連バイオマーカーを探索したい。
  • 発生段階や病態、薬剤処理の前後などによって変動する糖鎖マーカーを探索したい。

解析例:ヒト血清N型糖鎖プロファイル(Molecular Cellular Proteomics 7:370-377,2008)

本サービスの特徴

  • グライコブロッティング法を用いることで、迅速な糖鎖解析が可能です。
  • 培養細胞、体組織などから定量的な糖鎖解析ができます。

仕様と価格

装置

糖鎖自動前処理装置:SweetBlot(R)(システム・インスツルメンツ株式会社)
質量分析計:5800 MALDI TOFTOF TMシステム(株式会社エービー・サイエックス)

価格、納期

費用
グライコブロッティング法を用いた血清/血漿のN型糖鎖解析:145,000円(税別)
 
必要サンプル量
ヒト血清/血漿 100 μl
マウス血清/血漿 50 μl

納期
約2週間

リスク

充分なサンプル量があっても全く未知の糖で構成されている糖鎖である場合は、MSで質量を求めてもこれまでの糖鎖情報が使えないため推定構造が得られない場合があります。

依頼に必要な条件

  • サンプルの種類、由来
  • 臨床サンプルの場合、インフォームドコンセントを取っていること
  • 冷凍状態での保存、輸送
  • サンプルの調製日

報告資料

1. m/z の生データ(エクセル表)
2. 2群間比較の場合、ピーク毎の箱ヒゲ図(Box-plot)とROCカーブ(Receiver Operating Characteristic-Curve)

ヒト血清及び血漿の場合(マウスなど他の動物血清及び血漿の場合は要相談)
3. ピーク毎の推定構造
4. 参考データとして検量線

報告例(人血清の場合)


健常と疾患Aにおける二つの糖鎖の発現量比

左図:箱ひげ図
検体ごとの分布を知るために、ここでは一症例を一つのプロットで反映させています。「ひげ」は最小値と最大値を、「箱」は第1四分位点から第3四分位点の範囲をそれぞれ表しています。「箱」の中のひときわ太い線は、中央値を、縦軸は量比を表しています。
右図:ROC(Receiver Operating Characteristic)カーブ
診断用テストなどで特異度・感度を求める際、使用される統計グラフの一種です。このカーブの下の面積AUC(Area Under the Curve)は、診断能の指標として用いられます。

分子の糖鎖構造は、分母の糖鎖構造より、白丸(ガラクトース)が一つ多く付加しています。生体内では、分母に示す糖鎖構造が原料となりガラクトース転移酵素の触媒作用により分子に示すの糖鎖構造が合成されることが分かっています。本ケースでは、疾患Aにおいてこのガラクトース転移酵素の反応が進行しにくくなっていることが示唆されます。

仕様と価格
商品コード 商品名 内容 販売価格(税別)
  • グライコブロッティング法を用いた網羅的な血清血漿のN型糖鎖解析

    145,000円

ページトップへ